アメリカンファミリー21世紀がん保険

アメリカンファミリー21世紀がん保険は非常にバランスのいい医療保険です。
このアメリカンファミリー21世紀がん保険でも入院増額プラン、というものがあります。
この保険のポイントは、入院の保障だけをプラスしている、という点です。

ガン保険の必要性

ガンは入院が長期になる場合もありますよね。
入院が長引くと医療費がかなりかかることになります。
ガンは入院費用だけでなく、ほかにも手術を行ったり、高度先進医療を行ったり、本当に費用がかかって大変。
ですからまず、格安な料金で入院保障を上乗せしていこう、という考えの保険なのですね。

アメリカンファミリー21世紀がん保険の特約

このアメリカンファミリー21世紀がん保険にプレミアムサポートというものをつけると、がん患者専門のカウンセラーによる面談サポートや、ベストドクターズサービス、というものまで受けることができたり。

これにアメリカンファミリーの特約MAX21をプラスすれば、ガンだけではなく、他の病気、怪我、といったことでの入院、手術、を保障してくれることに。

入院は日帰り入院から出るし、1回の入院最高日数は、124日、通算で1095日、保障されることに。

アメリカンファミリーというと、宮崎葵ちゃんと、アヒルのコマーシャルが頭に浮かびます。それにあのコマーシャルソングも。

自由化となって、以前は本当に高い、というイメージのありましたが、月額の金額がぐんと安くなりましたね。

それに、選択肢も大きく広がりました。
高齢になれば加入できない、ということも最近の流れでは今ではなくなっている傾向です。

たとえ高齢であっても、何らかの保険荷加入することが出来る可能性が出てきました。
医師の告知なし、という生命保険や医療保険が増加したからですね。
アメリカンファミリー21世紀がん保険の詳細、資料請求は、インターネットの公式サイトや、一括見積請求、というところからとることが出来ます。
資料には、詳細も、例などもあげてありますので、非常に見やすくなっていますよ。

アメリカンファミリー21世紀がん保険の補償内容

アメリカンファミリー21世紀がん保険は、はじめて「ガン」(悪性新生物)という診断が確定となってしまったら、一時金として100万円が支払われます。

ガンになったとき、初期の段階では、検査、検査、でかなりの費用を必要とします。
このときに100万円、という金額はかなり嬉しいです。
また再発、転移、という場合も考えられたり。
ガンはお付き合いの長い病気となる可能性がある病気です。
この再発などへの不安を、ライフサポート年金、というもので応援してくれるのだそうです。
また、がん治療を目的、としている入院については、1日目から無制限保障!しかも、入院・通院に至っては、日額1万円という非常に手厚い補償になるのです。