生命保険は掛け捨てが良い?

生命保険は掛け捨てがいいのでしょうか?
それとも積み立てがいいのでしょうか?

多くの消費者の方は、保守的な日本人は掛け捨て生保よりも積み立て生保を選ぶ傾向にあるようです。

確かに、掛け捨てよりも毎月の支払額は高いものの、最終的にはある程度まとまったお金が戻ってくる積み立てタイプは、掛け捨てよりもなんとなく損した気分にはならないかもしれません。

その理由として、まず第一に積み立てで還ってくる金額は、本来、掛け捨ての場合だと自分が運用している分を生保会社が運用しているからに他なりません。

掛け捨てタイプの料金と積み立てタイプの料金の差額を生保会社が運用して、その一部分を積み立てタイプの加入者に還元しているために、一定の期間を経ると還元されるわけです。

結果として、それまでに支払った金額と同等かそれ以上の額になって還ってくるのなら、掛け捨てよりも積み立てタイプの方が意義があるといえるでしょう。
しかし、還ってくるのは支払った合計から比べると微々たるものになってしまいます。

生命保険は掛け捨てで貯蓄と運用を別々に考える

ここでお金に敏感な人は貯蓄と運用、別々に考えたほうがいいと気づくわけです。
生命保険は掛け捨てにして毎月の支払額を一気に引き下げ、掛け捨てにすることで下がった生命保険料で資産運用をするべきなのです。

要するに、積み立てタイプの生命保険は、掛け捨ての場合と違い、明らかにマイナスの運用をするとわかっている機関に自分の資金を運用させるようなことと同義になってしまうわけです。

そんな無駄なことをするくらいなら、生命保険は掛け捨てにして、株なり定期預金なり投資信託なり、掛け捨てにすることで浮いた金額を自分の納得のいく運用方法をしたほうが、保険もカバーできる上にお金も減らないどころか増えることも可能性として残ります。

生命保険の掛け捨て・積み立てを選ぶポイントは?

そもそも、生命保険の掛け捨て・積み立てのどちらが得か損かという考え方は正しくありません。

加入する人の体調や暮らし方などによって、どちらも後になってよかった、悪かったという結果論として決まるに過ぎないためです。

ですが、生命保険を掛け捨てにすることにより生活に余裕が生まれ、掛け捨てによって安くなった生命保険料を生活にまわすことにより生まれた余裕が健やかな日常をもたらしてくれることに疑う余地はありません。

月々の掛け捨てになる掛け金を少なくすれば、健康にまわすお金が増える上に、投資・運用すれば後々還ってくる金額も積み立てタイプに比べ掛け捨て生命保険の方が大幅に上がるでしょう。

積み立てタイプは「後になれば確実に生命保険料の一部が還ってくる生命保険」ではなく、「自分の大切な資産を確実に減らす資産運用」の一環で生命保険を検討する、と考えるとしっくりくるかもしれません。

また、生命保険の加入期間によってはどちらの生命保険が得になってくるかということが変わってくることがあります。
しかし、運用も大事ですが、生命に保険をかける、というのが生命保健の本来の姿です。
生命を大事にしつつ、生命の次に大切な自分のお金を大事にする必要もあるわけです。
そのような条件も十分に加味した上で、よりよい生命保険を選んだり、より良い生命保険に見直したりしましょう。