東京海上の終身医療保険

東京海上の終身医療保険は、一生涯の保障と安心のため、万一の場合の保障と長期的な貯蓄を備えた東京海上の商品です。
東京海上の終身医療保険には、目的に合わせて「長割り終身保険」「終身保険」「あんしんドル終身」「あんしんYEN終身」といった4つのコースからなる東京海上の医療保検商品ラインナップから選択できます。

その中も人気が高い東京海上終身医療保険の商品は、割安な医療保険料で、万が一のときの補償が確保されている長割り終身医療保険です。

この東京海上の商品人気のポイントは、医療保険金の払い込みが終了するまでの低解約払戻金期間中の払戻金を従来の70%と低くすることにより、東京海上の商品としては全体的に見ると保険料が割安になるところです。

例えばこの東京海上の商品で、30歳男性の場合従来の同じ医療保障内容のものと比較すると、月額約3000円も負担が少なくなります。

医療保険料の払い込み期間を1年単位で選ぶことができるので、定年などを考慮に入れたライフプランにあわせた保険設計ができます。

また、死亡や高度障害という万が一の場合、東京海上の保障が終身続きます。
もちろん解約払戻金も活用でき、解約払戻金の範囲内において、貸付制度もあります。

東京海上の長割り終身

東京海上の終身医療保険である長割り終身には、東京海上の通販プランもあります。
この東京海上の医療保検商品の保障内容は長割り終身と同じですが、お金の払い込みが65歳での払済になります。
東京海上のインターネット上で気楽に医療保検の見積もりと申し込みが行えるので、時間を取って東京海上の外交員と相談する時間の余裕が取れない人に便利です。

終身医療保険は、保障内容は長割り終身と同様ですが、長期的な貯蓄機能に優れています。
将来、終身医療保険の解約払戻金を年金支払いや介護保障へ移行することが可能です。 また、貸付制度も利用できます。

もちろん、1年単位で保険料の払い込み期間を設定できますし、万が一の保障も一生涯続きます。

また、契約した保険金額が1000万円以上の場合、保険料の高額割引制度が適用されて、保険料が割安になります。

どちらの東京海上の終身医療保険も、運用益が東京海上の想定を超えた場合、契約後5年ごとに東京海上から医療保検の配当金がもらえます。

東京海上のあんしん

また、東京海上の終身医療保険には、あんしんドル終身、あんしんYEN終身といった医療保検商品があります。

この東京海上の医療保健商品の特徴は、85歳までの方なら健康状態や収入の状況にかかわらず、医師による審査も不要で医療保検を契約できることです。契約をしたら一生涯にわたり医療死亡保障を受けることができます。

あんしんドル終身の場合、保険料の払い込みは日本円のみですが、運用はドルで行われます。
自分で円建てのみで金融商品を運用するリスクを考えると、リスクヘッジの一部として、こういったドル建ての金融商品を持っておく、という選択肢は賢い選択のひとつだと思われます。
解約した場合、解約払戻金は解約日の積立金に、市場金利によって調整して支払われることになります。
このような東京海上の医療保検は、保検としてだけでなく、自分の金融資産のリスクヘッジとして、この東京海上の終身医療保険を保有することは悪くないですね。
商品内容が気になる方は、東京海上のホームページで医療保険の項目を読むとより理解が深まると思いますので参考にしてみてください。